161618
ご 感 想
ホームに戻る  ツリー表示  トピック表示  留意事項  ワード検索  過去ログ  管理用
携帯からご覧になると新しいコメントが表示されない場合がございます。"ブラウザメニュー" の "ページ更新"ボタンを押してみて下さい。また申し訳ございませんが当サイトの内容以外についての質問はご遠慮ください。他の質問サイト等をご利用ください。なおスパム対策のため多数の禁止ワードを設定しております。投稿時エラーがでましたらお手数ですがワードを少しずつ変更して投稿してください。

▼ 新規投稿フォーム
タイトル
お名前
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内。後で記事の修正ができます。)
投稿キー (自動投稿防止の為 投稿キー を入力してください)
文字色

いつもありがとうございます。 投稿者:あずさ 投稿日:2017/12/11(Mon) 21:33 No.2323   

社会人になってから、急に工業数学を勉強しなくてはならなくなったアラサー(女)です。
毎日勉強・復習していますが、なかなか参考書だけでは理解ができず、とても苦しんでいました。
しかし、こちらのサイトに出会い、項目ごとに大変参考にさせていただいています。
わたしの勉強ノートはこのサイトのまるうつし?といっても過言ではありません。
ひとつひとつ、書いてあることを音読しながら自分で理解できるまで何度も読み返し、
「なるほど!」と思えるまで利用させていただいています。
この「なるほど!」がわたしにはとても大事で、そしてそこに行きつくことができるのは
どの参考書でもどのサイトでもなく、こちらのサイトです。本当に分かりやすい。
なんというか、物理が分からない、苦手な人への、本物のやさしさと思いやりを感じます・・・

まだしばらく勉強は続きますので、これからも毎日参考にさせて頂きます。
こんなサイトを作ってくださって、心から感謝しています。ありがとうございます。
どうしてもお伝えしたく、コメントをお送りします。

Re: いつもありがとうございます。 - ろっとん 2017/12/12(Tue) 18:54 No.2324
コメントありがとうございます。
とても丁寧にご利用くださっていただき、こちらとしましても身が引き締まる思いです。もっともっとわかりやすくなるよう改良し続けて参ります。
社会人になっても突然専門外のことを勉強しなければならなくなることがありますよね。それなのに分かりやすい解説書が無くて困ったりします。そんな中、お役にたてたのならとても嬉しいです。
これからも勉強頑張ってください。わかりにくいところがあれば気軽に質問なさってください。


教えていただけたら助かります 投稿者:みかん 投稿日:2017/12/03(Sun) 20:37 No.2314   

はじめまして。防音について検索していたらこちらに辿り着きました。我が家は1戸建で1階にグランドピアノがあります。お隣さんにご迷惑にならないよう、日頃から音が気にならないか挨拶に伺ったりしておりますので、関係は良好なのですが、子供のピアノの練習時間が長くなってきたので、自分なりに考えて防音対策はしています。

まず、ホームセンターで、サウンドガードという商品名の、音を吸収するスポンジのようなものを購入(約180×90)し、同じ大きさの発泡スチロールに貼り付け、練習室の窓と、練習室隣のドアのないスペースを塞いでいます。また、ピアノの底面にサウンドガードをカットしたものを埋め込み、ピアノの上には重さのあるちょっとしたカーペットを掛けています。

お隣さんに音について聞いてみたところ、防音対策後、全然家の中に聞こえないと。たまにちょっと聞こえるけど。と言われました。とても良い方なので気にしていないと言ってくださってますが、やはり家が密集して建っていて距離が近いため、大きな音だと聞こえてしまうようですし、ご迷惑にならないよう、もう少し自分で防音対策を頑張りたいと思っています。

前置きが長くなってしまいましたが、音は窓から1番外に出て行きやすいと聞き、パネルで窓を塞いでいるのですが、その窓が出窓になっています。窓の内側に天井から床までの高さのパネルで塞いでいる状態です。その出窓の中のスペースに2リットルのミネラルウオーターのペットボトルの6本箱入りの物を、箱ごとたくさん詰め込んで防音対策をしたらどうかと考えています。そのスペースに箱入りミネラルウオーターを詰め込んで、その後更にパネルで蓋をする感じです。

また、お隣さんに向いている窓にはパネルをしていますが、壁には何も対策をしておりません。その壁にはちょっとした棚があり、棚の上にはエアコンがついています。その棚の上か、エアコンの下まで箱入りミネラルウオーターをたくさん並べて防音にならないかと考えております。

知りたいのははたして水は防音効果があるのか?という事です。色々と自分なりに検索してみましたが分かりません。もしアドバイスなどありましたら是非教えていただけたらと思いこちらに書き込みさせていただきました。ミネラルウオーターは毎日料理やお茶を飲むときに使うので大量にありますし、これからも大量に買う予定なので、これで前よりも音が防げたらいいな。と思いつきました。またパネルの後ろにもう一枚、薄い石膏ボードも追加してみようかと思っています。

窓は開けられるよう、パネルは取り外しできるものです。ドアのない隣の部屋の手前のボードも取り外しできるものです。2枚、2枚で計4枚のパネルを使用しています。

急ぎませんのでよろしくお願い申し上げます。

Re: 教えていただけたら助かります - ろっとん 2017/12/04(Mon) 01:58 No.2316
水に防音効果はありません。おそらく吸音するかどうかを気にしていると思うのですがそのような効果はありません。
防音効果がある物質は粘土やゴムです。布団や分厚いスポンジも防音効果があります。ダンボールやカーテンもわずかに防音効果があります。
音を伝えてしまう物質としてはガラスや板などです。

というよりも、決定的なのは密閉しているかどうかです。音を吸収する物体を置いてもそれは室内で音が反射(反響)しないというだけです。防音するなら密閉です。
ビニールとガムテープで密閉空間を作ることはできませんか?テントのようなイメージのものです。壁や天井にビニールが触れないように作った方がいいです。でも床が問題ですね。ビニールを敷いたとしてもビニールと床が接触していれば音は床を伝わって外に漏れていきます。床からピアノを浮かせないとだめですね。ゴムシートのようなものでピアノを浮かせるとか…。

あと、密閉したら換気をコマメにしないとだめですね。

ちなみに、電子ピアノはだめですか?夜間などは電子ピアノにヘッドホンを付けて練習するとか、、どうでしょう?


Re: 教えていただけたら助かります - みかん 2017/12/05(Tue) 22:31 No.2320
こんなに早く返信してくださるとは思ってもいませんでしたのでとても嬉しいです!ありがとうございます。

やはり水に音を吸収する効果はないのですね。でも、空間を密封し防音室にするのは素人では厳しそうです。

防音室のないピアノ部屋ではよく大きな本棚を置き、中に本をぎっしり並べる。大きな重いタンスを置き洋服をギュウギュウに入れると外に音が漏れにくいと聞いたので、箱入りのミネラルウオーターでもその代わりにならないかな。と単純に思ってしまいました。

完全な防音でなくても良いので、タンスの例のように、壁にさらにタンスで分厚い壁を作るイメージです。

床は現在、防音効果もあると書かれていたゴムのような?スポンジのような?よくわからない材質のものを一面に敷き、その上に絨毯を一面に敷き、ピアノの足の下にはグランドピアノ専用の防音ゴムの土台をしいています。

ピアノを弾いているのは小学生の子供で、朝と夕方合わせて2時間です。朝1時間と夕方は4時〜5時です。時間を決めて練習しています。お隣さんにも時間帯は伝えてあります。 夜は弾きません。

多分そこまで本格的に防音しなくても迷惑になるような時間帯ではないですし、お隣さんもほとんど聞こえないから大丈夫とは言ってくださっていますが、何もしていない壁や、出窓の中の空間に何か入れたらもっと聞こえなくなるのでは?などと考えています。

電子ピアノは持っています。ただグランドピアノとは鍵盤のタッチや材質重さ響きなど全く違うものなので、グランドピアノの代わりにはなりません。夜に遊びで弾きたい時なんかに音量を下げて使ったり、ピアノの練習時間外に少し譜読みに使う程度です。

子供は毎年コンクールに出たりしていて、これからもずっと弾き続けて行く予定なのでご近所にご迷惑にならないようなるべくちゃんとしたいのです。

まだ小さいのでどうしても家族の空気が感じられる場所でないと練習がはかどらないので今の部屋で弾いていますが、中学生になって本格的に音大を目指す方向に行くようであれば、2階にピアノ専用の部屋を作る予定でいます。そこはきちんと専門の業者に頼んで防音室にしようと思っています。今の部屋でピアノを弾くのはあと2〜3年です。短いようで、でも長い、、、と思うと、もうちょっと防音を頑張りたいと思うのです。

アドバイスをいただいたように、壁には、ゴム板なんかを検討してみます。やはり厚い方がより良いですよね?

出窓の空間ですが、空間があるのと、空間をそれこそ洋服や本などを入れた段ボールや布団で埋めるのとどちらが良いでしょうか。それとも空間がある事とない事ではあまり関係ないのでしょうか、、、もし埋めた方が良い場合はやはりミネラルウオーターよりは洋服や本の方がまだ良いでしょうか。

具体的なアドバイス感謝します。週末にホームセンターに行くので、ビニールでテントのような空間が私でも作ることができるかも含めてゴム板や他に使える物がないか偵察してきます。






Re: 教えていただけたら助かります - ろっとん 2017/12/06(Wed) 12:50 No.2321
お子様の取り組みは結構本格的なのですね。
床面はすでに対策を施しているのですね。あとはビニールテントですね。温室ハウス用のビニールや棒が売ってたりすればいいのですが。温室ハウスならぬ音質ハウスですね。
ミネラルウォーターは忘れてください。水は音を吸収しません。水は胃に吸収させましょう。
出窓の空間は洋服や本を埋めれば多少効果があります。もっと簡単に効果をあげるとすればやっぱりビニールです。透明ガムテ等でサッシの枠に隙間ができないように貼り、なおかつガラスとビニールが触れないようにして二重ガラスのような状態にすれば防音効果が期待できます。
私がビニールを推すのは予算を考えてのことなのですが、もし予算に余裕があるなら、サウンドガード、遮音シート、吸音材などを使うほうがベターです。
それらを使う際もポイントとなるのは「密閉」かつ「材を壁、天井に触れさせない」です。
コメントを読みますと「吸音」にこだわってらっしゃるようですが、上記のポイントに気を付けないと防音効果は得られません。専門業者も同じことを言うはずです。

それにしてもお子様は幸せですね。成功をお祈りします。将来プロになられましたらコンサートに参ります♪


QH7D2について 投稿者:線香花火っていいよね 投稿日:2017/12/03(Sun) 02:00 No.2313   

問題3ですが、間違えました。
解説を見ると、壁の反射点の移動を考えていないように感じますがどうしてでしょうか。

私はxの正負で十分大きいときという状況に焦点をあてて考えました。
十分に大きいときは壁の垂線と台車のなす角θの影響がちいさくなりますよね。
音が反射する壁の場所を反射点と呼びますね。
壁の反射点は台車と観測者の中点に常に位置しているという理解になりました。
この時、台車がVsで移動するのならば反射点は1/2Vsで移動していることになりドップラー効果の公式にあてはめれば
(V/V+Vs)f0、(V/V-Vs)f0ではなく(V+[1/2]Vs/V+Vs)f0、(V-[1/2]Vs/V-Vs)f0になるんじゃないかと考えたのですが。どこが悪いんでしょうか。

Re: QH7D2について - ろっとん 2017/12/04(Mon) 01:55 No.2315
十分に大きいとき反射点は1/2Vsで移動していることになり、というのがよくわかりません。

Re: QH7D2について - 線香花火っていいよね 2017/12/04(Mon) 02:17 No.2317
ああ〜、そうかすみません。1/2Vsってこれじゃだめでしたね。正しくはVs/2です。

ぼくはパソコン上で数式を書くのが先生と比べてまったく不慣れで分母と分子を書き分け慣れてないので余計な迷惑をかけちゃいました。

これからは気を付けることにしますが、なにぶん不慣れなもんですから、ご容赦いただければと思います。

それで3行目からは私が問題を解く上で考えた話なんですけどご理解いただけますか。

先生がご理解いただけなかったところを説明させていただくと、
xの大きさにかかわらず、静止した観測者とVsで移動する台車の中点に反射点があるならば、反射点はVs/2で移動している。
といいたかったのですが、これはご理解いただけませんか?

それとも反射点という私の言葉がまずかったでしょうか。


Re: QH7D2について - ろっとん 2017/12/04(Mon) 12:45 No.2318
いえいえすみません、1/2Vs のことは想像がつきました。反射点が Vs/2 で移動というのもわかります。それが何と関係していることになるのかがわかりません。振動数の式の分子に [1/2]Vs が付いてますが、観測者が [1/2]Vs で移動していることに相当すると考えていらっしゃるのでしょうか?

Re: QH7D2について - 線香花火っていいよね 2017/12/04(Mon) 13:35 No.2319
すみません、先生。疑問が解決しました。ご回答ありがとうございました。

波動について 投稿者:線香花火っていいよね 投稿日:2017/11/30(Thu) 19:35 No.2311   

ちょっと問題でわかりにくいところがあるのでまた先生に聞こうと思います。

根本的な話になっちゃって多分先生のようにわかっている人とわかっていない人のとらえ方に乖離のようなものがあるようなところで(要はイメージのような)、わかりやすい説明というのが難しいとこだと思いますが、波動の問題でよく振動数を徐々に大きくしていくとき〜とかっていうじゃないですか。

それは弦だったり、音だったりするんですが、いずれにしてもイメージがつかみにくいです。
たとえば、qhbf4の問題で弦の振動数を大きくしていくという問題がありますね。図の振動元と滑車の間の弦の振動数を大きくしていくとき、はじめて定常波が現れるのは振動数がいくらのときか。との問題ですが、問題自体は解けました。

ですが、弦の両端は固定されていて振動することがないもんで、つまりどっちも固定端だ。だから弦をはじけば先生が弦の振動で説明をされているような基本振動もしくは整数倍振動になるんじゃないか、というより、振動数は基本振動の振動数の整数倍したものしかありえないんじゃないかって思っちゃうんですがどうでしょう。

振動数をあげるってどんなイメージですか。暖かくすれば速度と振動数が上がるってことはわかりますけど。
あと、音波が管を通るときに閉管ならば波長の4分の1の奇数倍、開管ならば2分の1の整数倍でないときには波がどうなるでしょうか?定常波はできませんかね。(普通に縦波になって、反射して出ていく。ですかね?

Re: 波動について - ろっとん 2017/12/01(Fri) 12:44 No.2312
>振動数は基本振動の振動数の整数倍したものしかありえないんじゃないかって思っちゃうんですがどうでしょう。

その通りです。整数倍したものしかありえません。

>波がどうなるでしょうか?定常波はできませんかね。

定常波はできません。

qhbf4の8つの青波の図は、右端が固定されてないので、実際の波の形を表しているわけではないのは明白です。整数倍のときしか定常波はできないよということを表しています。定常波以外のときの波は反射波と混在して乱雑な形になっているだろうし、それらの揺れは減衰しやすいです。
2017/09/14(Thu) 00:41 No.2254 の書き込みが参考になるかもしれません。


共振状態について 投稿者:なん 投稿日:2017/11/28(Tue) 17:30 No.2306   

(『・V』はVの上に・がのってるやつの代わりとして書きます)
『R-L-C直列回路において、・V=10V、f=1kHzのとき、回路を流れる電流が最大の100mAとなった。R,Xc,Lを求めよ。ただしC=30μFとする。』っていう問題を解いてて、ヒントをみたら、『共振状態のとき…』と書いてありました。何で共振状態とわかるのですか?
物理ではなく専門教科として勉強しているのですが、質問などができるところをなかなか見つけられず、ここなら教えて貰えるかもと思い質問させていただきましたm(_ _)m

Re: 共振状態について - なん 2017/11/28(Tue) 18:10 No.2307
下の方にあったグラフで解決しました。分かりやすいです!

Re: 共振状態について - ろっとん 2017/11/29(Wed) 17:09 No.2309
解決されたようで良かったです。またいらしてください。

ご返信いただけて本当にうれしいです。... 投稿者:線香花火っていいよね 投稿日:2017/11/15(Wed) 23:17 No.2302   

なるほど、つまるところ、高校物理で先生のいう「カックン」の度合に関する問題は出題されることもない、だから境界に近い言い回しを「すべる直前」や「すべり出す瞬間」として考えても支障はない。という解釈でかまいませんか?

あと、a1はたしかに違いますよね。ぼくも写しているときに「物体Bが板Aに対して静止しているときの板Aの加速度がa1で、(2)の状況の物体Bが板Aに対して相対速度を持ったときの板Aの加速度は違うだろうからこれは別の加速度を設定したほうがいいだろうな」って思ったんですが、
「そうなったらそうなったで別の加速度を設定してもどうすればいいかちょっと考えつかないな」って思って、(つまりa3を指定文字に直す方法がわからなかった。)とりあえずa1でおけば今出てる文字だけで表現できるので部分点はいただけないかなという打算と、

あと先生になにもわかっていなかったときに書いた答案をそのまま見せることによって根本的な考え方の甘さをご指摘いただけたら嬉しいな。という思いで最初に問題を解いたときの、a1と書いたものをそのまま映しました。

それから、さすが先生ですね。実は小問の(3)はありました。今度は、物体Bをひいた時それぞれ異なる加速度がうまれたその加速度を求めよ。との趣旨である問題ですが、やはり私の疑問は「カックン」でして、それならば2番までを書くことでより焦点をあてていただけるかなと思いました。

それと、問題文に「徐々に力を大きくしていく」に近いような文言は見つかりませんでした。

Re: ご返信いただけて本当にうれしいで... - ろっとん 2017/11/16(Thu) 00:05 No.2303
「徐々に力を大きくしていく」は無かったですか。予想が外れました。

(3) はあったのですね。これは当たりました。

「直前」、「瞬間」、「直後」については
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/masatu/seisidou.html#osarai
のグラフを見てもらうと事情がわかっていただけるかもしれません。
山の頂点部分の「瞬間」の値はその1ミリ左の点とあまり違わない値ですが、1ミリ右の値とは断絶しています。「瞬間」から「直後」に移行する間は力の掛かり具合をどう設定すればいいか分からず問題が作成しにくいです。
「直前」と「瞬間」は同一視するが、「直後」は別物と考えるのはこのような事情があります。
線香花火のような繊細な事情です。


ご返信ありがとうございます。 - 線香花火っていいよね 2017/11/16(Thu) 00:48 No.2304
うむー、やっぱりわかりにくいですね。いや先生のお話はすごくわかりやすいんです。

たとえば、先生の自動車と「カックン」のたとえはすごくわかりやすかったです。ぼくが問題を解いているときの指針のイメージと共通するところが多いように思い、いいたとえだなあと感心しましたし、

「「カックン」の度合いについて問われるような問題は出題されることは無いと思います。」という実用的な話もわかります。

どこがわかりにくいかというと「カックン」の「カッ」が発生するような状況でそれを問わないのにどうしてそのような問題を出すかということです。
まあ先生に「「すべり出す瞬間」と考えてもいいです。しかし「すべり始めた直後」と考えるのは良くないです。」というように言われるとぼくのとらえ方がわるかったんだろうなって思いますし、次回からはそういう指針で解けばいいよな。
っていうようにも考えられますが、
本当に初見でこの問題を見たときに「すべり始めた」って書いてるんだから「物体Bと板Aの速度が違う状況」になったんだな、これは「カッ」について問われている問題だな。というぼくの考えのどこに落ち度があったんだろうなって思うと、それがわかりにくいんです。

(ていうか、やっぱりこのような状況に関しての問題って作成者側の立場でも扱いにくいものなんですね。

すみません、愚痴っぽくなっちゃいました。根本的にぼくの考え方が悪いのかな。バカだから問題を作成してる人の意図がくみ取れきれないのかなあって思います。
まあ昔からこういうことちょっと多い人間だって自覚してるんで、めんどうくさいやつだって思ってもらってかまいません。
先生がわかりやすい説明くださっているのに、まだわかんないよっていって困らせるのってバカでめんどくさくてしかたない。自覚してますから。
ようするに理解できていないことに対する踏ん切りのつけかたが非常にへたくそな人間なのですよ。

ああ、あとすみません。掲示板の返信の仕方、枝のつけ方っていうのかな?をまちがえました。
本当に掲示板に不慣れでお恥ずかしいです。

気になりましたら、ご自由に編集してください。ぼくのほうで操作がいるのでしたら協力しますのでおっしゃってくださいね。


Re: ご返信いただけて本当にうれしいで... - ろっとん 2017/11/16(Thu) 07:09 No.2305
全然構いませんよ。掲示板の別スレッドに書き込むことは良くあります。
静止摩擦力と最大静止摩擦力の違いだったり、速度と加速度の違いだったり、静止摩擦力と動摩擦力が同時にはたらくことはないなどこれから勉強していけば納得できるときが来ると思います。
あまりお気になさらずに…。


長文失礼します。 投稿者:線香花火っていいよね 投稿日:2017/11/15(Wed) 12:42 No.2300   

失礼します。はじめての書き込みになります。掲示板への書きこみも初心者なのでお目汚し等の迷惑になるかもしれません。ご容赦ください。

私はわけあって再受験に臨もうと思っているものなのですが、高校物理の物理基礎、力学の特に静止摩擦力の問題を解いてるときにある疑問を生じました。

こちらのサイトとは別の範囲になってしまうかもしれませんが、たとえば高校物理でわかりにくいところがあったときなどにこちらのサイトを利用させていただくと非常にわかりやすく、私にとって非常に有益であると感じており、
先生の説明が非常に理解しやすいものであるために高校物理に関してこんなにわかりやすい説明をしてくれる人もまあいないだろうというわけで質問をしてみようと思いました。

なにとぞよろしくお願いします。

問題なのですが、(以下、抜粋)
「重ねた2物体の運動」

なめらかな床の上に、質量Mの板Aと質量mの物体Bが重ねておかれている。板Aと物体Bの間は粗く、その静止摩擦係数はμ動摩擦係数はμ'であるとする。加速度は正の向きを右向きとする。

(1)板Aを大きさF1の力で右向きにひいたら、板Aと物体Bは一体となって加速度a1で動いた.a1を求めよ。

(2)板Aを大きさF2の力で右向きにひいたら、物体Bは板Aの上をすべり始めた。そのときの加速度a2とF2を求めよ。
(以上)
ここで私がその正答文を読んでも疑問に残ったのは小問(2)に関して加速度a2です。
端的に申しますとこの解説には問題文の「すべり始めた」は「始め」に着目しギリギリ直前と見るとよい、その他すべるすべらないの境界に近い言い回しはすべて「すべる直前」だと考え問題を解くように。

というようなことがかいておりました。これに関して。私は物体Bは板Aに対してすべりはじめたのだから、物体Bと板Aの間に相対速度が生じたという前提で解く問題だろうとまず思い、
理系ですが物理に明るくない私は「おそらく動摩擦力と静止摩擦力は静止摩擦力のほうが大きいんだから、きっとBが動き出したら摩擦力が減ってその分、板Aに対して相対的な初速度もうまれるはずだ。」と思いました。つまり動き出した時点で板Aに対してある程度の大きさの初速度が出たんじゃないかと思ったんです。
以上が私の考え方の核なのですが、

ちょっと拙くなりますが計算式などを補足で書く
(1)F1=(m+M)a1⇒a1=F1/m+M 正解
(2)(左右つりあっていた静止摩擦力が動摩擦力になり、右向きの摩擦力が減ることにより左向きに加速度が生まれる)
(μ-μ')mg=m(a2-a1)⇒a2=(μ-μ')g+F1/m+M⇒(F1にμ(m+M)gを代入)⇒a2=2μg-μ'g
μmg=F2×m/m+M⇒F2=μ(m+M)g

(ちょっと読みづらいかもしれません。私は理系の問題を直観で解くことが多くて、数学の証明とか物理の途中式のような書き方が決められているものを書くのがどうも苦手でこのあたりも教えていただけると助かるのですが。)

正答文、解説
A:Ma2=F2-μmg―B
B:ma2=μmg―C
Cより、a2=μg―D
DをBに代入して、Mμg=F2-μmg
よってF2=μ(m+M)g

ちなみに相対速度がない状態だというようにこの解説を読めば一応は理解できます。

このあたり、特になぜ動き始めの境界に近い言い回しがすべて「動き始める直前」と考えることで事足りるのかを先生に教えていただければと思っております。

なにとぞご教授お願い致します。

Re: 長文失礼します。 - ろっとん 2017/11/15(Wed) 22:10 No.2301
「おそらく動摩擦力と静止摩擦力は静止摩擦力のほうが大きいんだから、きっとBが動き出したら摩擦力が減ってその分、板Aに対して相対的な初速度もうまれるはずだ。」
これは自動車に例えるなら、アクセルを急に弱めたときにカックンとなるがこのカックンの度合いはどのくらいかというような話だと思います。しかしこのようなことは (2) の問題とは関係がないです。

(2) の問題文に「徐々に力を大きくしていく」というような文言はありませんでしたか?徐々に大きくしていったときに「カックン」の「カッ」が起こるのはいつか?というのが問題の主旨だと思います。

「カックン」の度合いについて問われるような問題は出題されることは無いと思います。

そして、この (1) (2) の問題に動摩擦係数 μ' は無関係だと思います。もしかして (3) の問題があってりして、滑り出した後の加速度を求めよというのなら μ' が必要になります。

(μ-μ')mg=m(a2-a1)という式も有り得ないものですが、a1 のところが a3 とでもなっていれば「カックン」を表現したいんだなとのお気持ちは何となく分かります。

「すべり始めた」を「すべる直前」と考えるのが気持ち悪いようでしたら「すべり出す瞬間」と考えてもいいです。しかし「すべり始めた直後」と考えるのは良くないです。「カックン」というのは「すべり始めた直後」という感じがします。

摩擦力は慣れないうちは頭を整理するのが大変ですよね。実は本サイトの『摩擦力』のページはアクセス数がとても多いんです。悩まれている方が多いのかもしれません。


コンデンサーについて質問です 投稿者:永井 達也 投稿日:2017/11/12(Sun) 10:13 No.2297   

社会人になってから物理に興味を持ち勉強しているものです。非常に分かりやすく、いつも大変助かってております。今回分からないところが出ましたので、質問させていただきます。

「導体⋅誘電体を挟んだコンデンサー」の項
導体をはさんだコンデンサーの下部の方に

「つまり、 この形をした導体を挟んだ このコンデンサーと、このコンデンサーは電気容量が同じです。
コンデンサーに”導体”を挟んだ場合は、導体部分が圧縮されて無くなった とみなすことができるということです。」


と記載があり、
すぐその下に


「電気容量 C0 、誘電率 ε0 *、極板面積 S 、極板間隔 d の平行板コンデンサーの極板の間に、
面積が極板と同じ S で、厚さが極板間隔より薄い x の導体板を挟んだとします。

このときの電気容量 C は、極板間が d-x になったと考えればいいわけですから、

≪途中式省略≫


となります。極板間が小さくなったので電気容量は大きくなります。」


とあります。



上の方では「導体を挟んだ このコンデンサーと、このコンデンサーは電気容量が同じです。」
最後のところでは「極板間が小さくなったので電気容量は大きくなります。」

とあり、導体を挟んだ場合電気容量は大きくなるのか変わらないのか、混乱してしまいました。
自分の理解力が足りないだけなのかもしれませんが、もしお時間ゆるすようでしたら、お返事いただけたら
幸いです。

Re: コンデンサーについて質問です - ろっとん 2017/11/12(Sun) 19:08 No.2298
質問ありがとうございます。
質問の答えは「電気容量は大きくなる」です。

私の解説文がヘンテコリンで、わけが分からなくなってますね。すみません。
「極板間が小さくなったので電気容量は大きくなります。」

「コンデンサーに導体を挟むと、極板間が小さくなったのと同等とみなすことができ、電気容量は大きくなります。」
に訂正します。

社会人の方にもストレス無く読んでいただけるよう今後も精進してまいります。


Re: コンデンサーについて質問です - 永井 達也 2017/11/13(Mon) 00:51 No.2299
早速お答えいただきありがとうございました。

お答えいただいた内容を基に再度図と文章を見て納得がいきました。コンデンサーの極板間の距離が近くなれば
電機容量が大きくなる。導体を挟むと、その導体の表面が極板の位置とみなせる…という事ですね。

「つまり、 この形をした導体を挟んだ (図) このコンデンサーと、(図) このコンデンサーは電気容量が同じです。」

のところの図を見た際に、左の図の導体と極板間の距離(2か所の合計)と右の図の極板間の距離が同じことに気付いていませんでした…。

ご対応ありがとうございました。今後も勉強させていただきます。



教えて下さい 投稿者:ウルフ 投稿日:2017/10/25(Wed) 19:42 No.2294   

 「人工衛星の速さ」のページで、

 ∴ v = √[GM/(R+h)]
GM = gR^2 を代入して別の形で表現すれば、
v = √[gR^2/(R+h)]
となります。
この式を吟味してみますと、……

と書いてあります。
 ルートの中の分母部分は「(R+h)」つまり「地球半径+衛星の高度」なのに対して、
分子は「gR^2」でこの「R^2」部分が「地球半径^2」となっています。なぜ「(地球半径+衛星の高度)^2」ではないのですか?
v = √[g(R+h)^2/(R+h)] = √[g(R+h)] ではダメなのですか? 理由を教えて下さい。


Re: 教えて下さい - ろっとん 2017/10/25(Wed) 22:02 No.2295
GM = gR^2

GM = g(R+h)^2
とするのはまずいです。
GM = gR^2
という式は
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/bannyuu/bannyuu.html#kannkei
のページで導出されたものですが、そのときの定義が (R+h)^2 ではなくて R^2 だからです。小文字の g は重力加速度で、これは地表付近での値です。(R+h) ではなくて R です。


Re: 教えて下さい - ウルフ 2017/10/26(Thu) 08:28 No.2296
 早速のお答え有難う御座います。
 なるほど g が地表面の重力加速度ならそうですね。
 お手数おかけしました。


感謝 投稿者:D 投稿日:2017/10/23(Mon) 11:31 No.2291   

留学中先の授業が理解できないときに、大変役に立ちました。
有料でも使いたいくらいです。
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

Re: 感謝 - ろっとん 2017/10/23(Mon) 17:25 No.2293
留学中の方にもお役に立てるとは嬉しいです。インターネットの利点ですね。

このサイトは無料ですが広告を貼っていて、ささやかながら収入を得ているのですが、最近売上が落ちて来ているので有料化に踏み切ろうと思っているところですウソですw


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |

No. 暗証キー

[過去ログ]

- YY-BOARD -