サイトTOP 掲示板TOP 留意事項 検索 過去ログ 旧掲示板 管理
タイトル
お名前
コメント
文字色
添付File
暗証キー (英数字8文字以内 後で記事の修正ができます)
画像認証  投稿キー を入力 (自動投稿防止の為)
上の『留意事項』をよくお読みになってからご投稿ください。また申し訳ございませんが当サイトの内容以外についての質問はご遠慮ください。他の質問サイト等をご利用ください。誤字脱字、リンク切れのご指摘は大歓迎です。
単振り子の合力の説明について  2024/06/09(Sun) 10:47 No.626 
単振り子のページの、「また、張力 S と重力 mg の合力が mgsinθ というわけではないので勘違いしないでください。」という部分とその畳まれている説明の部分について理解できなかったので質問致します。

説明には「張力S = mgcosθ + 反心力」とありますが、反心力とはおもりではなく糸が受ける力だと理解していたので混乱しています。おもりにかかっている力で張力と重力以外のものがあるということでしょうか。それとも非慣性系での視点の話でしょうか。
Re: 単振り子の合力の説明について  ろっとん 2024/06/10(Mon) 00:49 No.627
mgを「糸の延長方向」 と 「糸の延長方向ではない方向」 に分解したときに 「糸の延長方向ではない方向」 にあたるのが mgsinθ です。何かと何かの合力というわけではありません。

おもりと糸はつながっていて一緒に動くので、反心力はおもりにもかかっていると考えていいと思います。

「張力S = mgcosθ + 反心力」は非慣性系での視点の話です。

単振り子に関わる力の話はややこしくて私もすっきりした説明ができません。納得できない部分がありましたら再度質問してみてください。
揚力の仕事 ひこーきぐも 2024/05/14(Tue) 22:05 No.625 
円運動において「向心力は運動方向に常に垂直であるため仕事をしない」ことは高校範囲で学習しました。ここで上昇する飛行機について考えてみます。簡単のため機種上げの角度と上昇の角度が一致する場合を考えると飛行機の進行方向と揚力の発生方向は垂直になり、上記の理由だと揚力は仕事をしないことになります。しかし飛行機の運動を水平/垂直(xy)方向に分離して考えると、揚力のy軸方向の力は確かに正の仕事をしています。これは系を変えてしまったことによる物なのでしょうか。
定常波のページの縦波の定常波のアニメーションについて SA 2024/05/11(Sat) 19:07 No.623 
動かない線を節と捉えたのですが右の節が密の時左の節が疎になるのではないでしょうか
Re: 定常波のページの縦波の定常波のアニメーションについて  ろっとん 2024/05/12(Sun) 00:58 No.624
確かに!
よく見るとおかしいですね。
すぐに直したいのですが忙しくてちょっと時間がかかってしまいますがなるべく早く直します。
ご指摘ありがとうございました。本当に助かります。
本当に分かりやすいです TK 2024/05/04(Sat) 17:23 No.621 
現在高校生なのですが、復習に使わせてもらっています。始めはなんとなく「高校物理」と検索して出てきただけのサイトだったのですが、読めば読むほど面白いです。教科書範囲の内容がわかりやすく簡潔にまとめてあって移動時間などにさっと読めて助かっています。また私のように原理を理解して納得したい人にとっては授業で無視されがちな、なぜそうなるのかを解説してくれているところも良いです。更に*の補足やアニメーションなどもあり楽しく読ませて頂いています。
Re: 本当に分かりやすいです  ろっとん 2024/05/04(Sat) 23:54 No.622
立て続けにお褒めのコメントをいただいて感激です。
物理は原理がわかるととても楽しい学問だと思います。学校の授業では時間がなくて原理を細かく解説していられませんが、ネットであれば容量はいくらでもあります。いつでも誰でもアクセスできますし、アニメーションも載せられます。ネットの強みをいかしてこれからも改良し続けて物理の楽しさを伝えていきたいと思います。
高校時代お世話になりました まり 2024/04/08(Mon) 12:35 No.619 
高校時代ろっとんさんのこちらのサイトで物理の勉強をさせていただいておりました。説明もわかりやすく楽しく、ノートに全てまとめていました。
理由がわからないと進めない私にとって、とてもありがたかったことを覚えています。
進学の際こちらのサイトのおかげで、他の教科の点数は良くなかったのですが物理の偏差値がよく、理系の学科に入学することができました。
現在は建築関係の仕事をしておりますが、いつかまた物理を一から学び直したいと思っています。
今の自分があるのもろっとんさんのおかげだと思っています。
ありがとうございました。
Re: 高校時代お世話になりました  ろっとん 2024/04/08(Mon) 20:51 No.620
こんなに感謝していただけるとは、めちゃくちゃ嬉しいです。
小規模で始めて、ここまで大きくするつもりはなくて、コツコツ続けてお役に立てるようになって本当に嬉しいです。続けてきた甲斐があります。
理由がわからないと進めない性格は社会に出て時に不便と感じることがあるかもしれませんが、まさにその性格の私がこのサイトを作ったので何とかお互いこれからも頑張っていきましょう。
向心力のところの質問! いえしま 2024/03/26(Tue) 16:45 No.616 
わかりやすい説明がとても助かっていつも参考にさせてもらってます。
たぶん知識不足での質問になってしまうんですが、
向心力のページでの、⊿tが限りなく小さいとき、弧OP=vω⊿tになるという説明のところで、
なぜvなんでしょうか!?
半径rなのでrω⊿tだと考えてしまったんですが。。。

お答えいただくと嬉しいです。
Re: 向心力のところの質問!  ろっとん 2024/03/26(Tue) 19:35 No.617
「そしてこのとき ωΔt をどんどん小さくしていくと、弧P'Q'の長さ と 直線P'Q'の長さ は限りなく等しくなっていきます。」の部分の疑問でしょうか?
Re: 向心力のところの質問!  いえしま 2024/03/27(Wed) 17:06 No.618
そうです!

返信ありがとうございます。

質問した後に考えていたら解決できました

接線の長さがvになってるから、vω⊿tになるっていうことに気づいてませんでした!
電子波の波長の項目における指摘 あっとん 2024/02/22(Thu) 13:46 No.614 
電子波の波長の説明中において「陽極に到達する直前の電子の位置エネルギーはeV[J]で、運動エネルギーは1/2*mv^2[J]です。よって1/2mv^2=eV」とありますが、(陽極を基準として)電子が陰極を飛び出した直後の位置エネルギーがeVのことではないかと思います。あるいは陰極を基準として考えると、陽極直前での位置エネルギーは-eV[J]になるかと思います。
Re: 電子波の波長の項目における指摘  ろっとん 2024/02/23(Fri) 06:20 No.615
本当ですね。うっかりしそうなことをうっかりしてしまいました。ご指摘ありがとうございます。
共振回路 ぷろとん 2024/02/17(Sat) 17:29 No.608 
「共振回路」項で、コイルにかかる電圧とコンデンサーにかかる電圧がつりあうとき「抵抗に掛かる電圧が最大になるのです。」と書かれていたのですが、コンデンサーは抵抗の逆の電流を流れやすくするはたらきがあるので、さらにコンデンサーにかかる電圧を小さく(負の絶対値を大きく)するほど抵抗にかかる電圧は大きくなるのではないでしょうか?
Re: 共振回路  ろっとん 2024/02/17(Sat) 21:07 No.610
ご主張がよくわからないのですが、コンデンサーとコイルをつり合わせないようにする、ということでしょうか。そのときコンデンサーを負の電圧にするにはどうやるのでしょうか。
すみません、ご主張がちょっとよくわかりません。
Re: 共振回路  ぷろとん 2024/02/18(Sun) 13:46 No.611
ご返信ありがとうございます。私の理解が間違えているかもしれないのですが、少し書いてみます。
交流回路において、コイルとコンデンサは正反対の働きをする。コイルは抵抗として働くが、コンデンサはその逆で電流を流れやすくする。ゆえに、交流電源による電圧の向きを正とすると、コンデンサにかかる(コンデンサから生じる?)電圧は負として扱える。このことから、回路に大きな電流を流したければ、ωL<1/ωCとし、ωCを大きくすればするほど、大電流が流れるのではないかと考えました。
おそらくこの考えは間違えていますが、どこが間違えているのかが分かりません。ご指摘、ご指導をよろしくお願いいたします。
Re: 共振回路  ろっとん 2024/02/18(Sun) 18:15 No.612
ωを無限に小さくすればいいのではないかということでしょうか?だとするとそれはただの直流回路ですよ。
Re: 共振回路  ぷろとん 2024/02/19(Mon) 14:41 No.613
確かにそうなってしまいますね。あのあと色々と自分でも考えたのですが、なんとか納得することができました!このような素人の質問にも丁寧に返信いただき、ありがとうございました。
RLC直列回路 ぷろとん 2024/02/17(Sat) 16:34 No.607 
いつもこのサイトにはお世話になっております。「RLC直列回路」項の、「力率」のところで、tanφ=ωL-(1/ωC)/Rからcosφ=RI0/V0となると書かれていたのですが、なぜでしょうか?いまいち導出がわからないのですが、解説をお願いいたします。
Re: RLC直列回路  ろっとん 2024/02/17(Sat) 21:03 No.609
\(\tanφ = \large\frac{ωL-\large{\frac{1}{ωC}}}{R}\) から \(\cosφ = \large\frac{RI_0}{V_0}\) を導出したわけではなく、\(\tanφ\) の中身の \(φ\) は何であるかというとそれは \(\cosφ = \large\frac{RI_0}{V_0}\) であると説明したものです。 \(\cosφ = \large\frac{RI_0}{V_0}\) はイラストに描いてあるとおりなのですが、その導出は当該ページの上部で説明しています。
公式一覧>力学>万有引力 はるん 2024/01/07(Sun) 04:03 No.605 
高校生です。いつもありがたく使わせてもらっています。

公式一覧の万有引力の下の補足の「mg=GMm/R^2」ですが、誤解を避けるために、このようになるのは地表付近のみだと書くのが良いのではないかと思いました。
実際私は何度か gr^2=GM を地表付近以外で変換に使ってしまったことがあるので、、、

話は変わりますが、熱力学のページ大変参考になりました。これからも一つの参考書として愛用させて頂きます。
Re: 公式一覧>力学>万有引力  ろっとん 2024/01/07(Sun) 12:04 No.606
なるほど。「地表付近」を付け足しておきます。

熱力学は初学者にとっては現象がイメージしづらいですよね。お役に立ててよかったです。
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -