256022
ご 感 想
ホームに戻る  ツリー表示  トピック表示  留意事項  ワード検索  過去ログ  管理用
携帯からご覧になると新しいコメントが表示されない場合がございます。"ブラウザメニュー" の "ページ更新"ボタンを押してみて下さい。また申し訳ございませんが当サイトの内容以外についての質問はご遠慮ください。他の質問サイト等をご利用ください。なおスパム対策のため多数の禁止ワードを設定しております。投稿時エラーがでましたらお手数ですがワードを少しずつ変更して投稿してください。

▼ 新規投稿フォーム
タイトル
お名前
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内。後で記事の修正ができます。)
投稿キー (自動投稿防止の為 投稿キー を入力してください)
文字色

導体棒に電流は流れることができるので... 投稿者:弥生 投稿日:2019/03/08(Fri) 00:21 No.2529   

ローレンツ力の解説に導体棒に電流 I=envS[A]が流れるとの記載があります。
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/ro-renn/ro-renn.html

導体棒は、閉じた回路を形成していませんが、電流はこの導体棒を持続的に流れられるのでしょうか?
もし過度的に同電流が一瞬だけ流れるとしたら、非常に短い時間になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: 導体棒に電流は流れることができる... - ろっとん 2019/03/08(Fri) 05:38 No.2530
そのページに書かれているのは、流れている電流を磁場の中に置いたらどのような力を受けるかという話ですね。

弥生さんがイメージしているのは電磁誘導のことで、『磁場を横切る導線』項のような話だと思います。
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/yokogiru.html
このとき、単独の棒であれば電流が流れるのは一瞬で、電流を流し続けたい場合には閉じた回路にしなければなりませんね。

今回誤解を生んでしまった原因は、『ローレンツ力』項の『ローレンツ力=電流が磁場から受ける力』の「導線を流れる電流を I 」という記述のせいかもしれません。「流れている電流を I 」という風に書き変えておこうと思います。


Re: 導体棒に電流は流れることができる... - 弥生 2019/03/09(Sat) 11:14 No.2531
ろっとんさん、早速のご回答ありがとうございます。
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/yokogiru.html
を拝見しました。今年(2019年)のセンター試験の物理の問題に似ていました。

コイル一回巻の電磁誘導電圧 V=-NdΦ/dt (ファラデーの法則)では、もしかするとコイルのインダクタンスを考慮しない直流モデルに特殊化されているのかな?と今わからないでいます。

磁界が時間的に変化する場合の誘導電圧の計算は、Z=r+jωL のインピーダンスで閉回路に関するKVLの微分方程式
をたてるともっと過渡解析がうまくいくような感?がしてるとこですが、今、簡単にはできないので、しばらく考えてみます。

閉回路にならない導体棒のモデルは、KCL/KVLが成り立たないもっと難しい解析(モーメント法?)になるかも??
しれないので、今後の課題として19世紀に戻ってみたいと思います。(もしかすると八木アンテナのエレメント棒の誘導の解析は、共振現象など、国内ではうまくいっていなかったのかな?)

アドバイスありがとうございました。


ケプラーの第3法則と万有引力の法則に... 投稿者:伏せ 投稿日:2019/02/23(Sat) 17:52 No.2527   

どちらか一方を前提としてもう片方を証明しているサイトしか見つかりません。運動方程式からケプラーの第3法則を導く方法がどうしても見つかりません。記事にしていただけると幸いです。

Re: ケプラーの第3法則と万有引力の法... - ろっとん 2019/02/24(Sun) 01:28 No.2528
こちらのサイトはいかがですか?
physnotes.jp/mechanics/keplar-law/


質問です 投稿者:ライム 投稿日:2019/01/28(Mon) 15:43 No.2524   

読んでいて気になったのですが
サインとサインシータって同じ意味なんですか?
よろしくおねがいいたします。

Re: 質問です - ろっとん 2019/01/29(Tue) 00:10 No.2525
面白い発想ですね。
タイヤが付いてる車もタイヤが付いてない車も車ですからね。
でもタイヤが付いてない車は見かけませんし、シータが付いてないサインも見かけないですね。
エスパーすると、
タイヤがどれなのか認識できてなくてそのような疑問を持ってしまうんだと思います。


誘電率について 投稿者:korin 投稿日:2019/01/15(Tue) 14:07 No.2522   

すみません。計算違いでした。
1/111.2123の部分を計算していなかったのでした。早とちりです。
確認しないですみません。ちゃんと合いました。

Re: 誘電率について - ろっとん 2019/01/15(Tue) 18:30 No.2523
どうもです。2019/01/15

誘電率について 投稿者:korin 投稿日:2019/01/15(Tue) 13:57 No.2521   

はじめまして。いつも参考にさせていただいてます。
物理を習ったのはもう30年前くらいの話だと思います。
今、仕事で使わなければいけなくなったので、復習の意味も兼ねて質問させて下さい。

ε=1/(4πk)の式にε0≒8.85×10^(-12)の値を代入したときのkの値が、k0=9.0×10^9とありますが、
計算してみたところ、数値が合わなくて困ってしまいました。
k0=1/(4πε0)≒1/(4×3.141592×8.85×10^(-12))≒0.1112123×10^9となってしまいます。
勘違いなのでしょうか?比誘電率を考慮しなければいけないのか分かりません。

お手数ですが回答をお願い致します。

気柱共鳴について 投稿者:はまちゃん 投稿日:2018/12/24(Mon) 15:10 No.2519   

はじめまして。わかりやすい図付きのサイトでよく参考にさせてもらっています。
私は音楽畑の人間で、波や振動等についてわからないことがあるときにとても分かりやすくて助かっていますm(__)m

「気柱の振動」のページについて、「ビンや缶の口の部分に息を吹きかけると音が鳴ることがあります。」
との記述がありますが、しばしばビンの共鳴は「ヘルムホルツ共鳴」の例として挙げられ
気柱振動とは別物のように扱われるのを見かけます。
しかし、私はどちらかというと気柱共鳴に近いのではないかと思っているのですが(倍音が共鳴することから)
実際はどちらに近いのか教えていただけませんでしょうか。

音楽畑の人間故、気柱共鳴とヘルムホルツ共鳴の根本的な違いすら分かっておりません><
気柱の開口部を狭めるだけで本当に空気がばねになるのか、
そのばねの挙動は開口端の反射と何が違うのか…。

ちょっと高校物理の範囲から逸脱するかもしれませんが
@ビンは気柱共鳴なのか、ヘルムホルツ共鳴なのか。
A気柱共鳴とヘルムホルツ共鳴はどう違うのか。
時間のある時で結構ですので、教えていただけませんでしょうかm(__)m

あっ、Merry Christmasです!!

Re: 気柱共鳴について - ろっとん 2018/12/24(Mon) 18:28 No.2520
フラスコを鳴らすとヘルムホルツ共鳴で、その首元をちょん切って管だけにして鳴らすと気柱共鳴で、つまり球部分が大きくて首部分が短ければ”空気ばね”の要素が強くヘルムホルツ共鳴で、球部分が小さくて首部分が長ければ”長さ”の要素が強く気柱共鳴ということになるのではないかと思います。

ビンや缶はどちらかというとヘルムホルツ共鳴要素が強い感じがしますので、私の「ビンや缶の口の部分に息を吹きかけると音が鳴ることがあります。」の記述は不適切かもしれません。

訂正してお詫びしますが、ヘルムホルツ共鳴は高校物理では習わないこととクリスマスであるということで何卒ご容赦ください。


質問です 投稿者:ファン太郎 投稿日:2018/12/14(Fri) 19:52 No.2517   

こんにちは。いつも参考にさせて頂いております。

単振り子のページの「微小振動の単振り子の復元力」という所に、
「張力 S と重力 mg の合力が mgsinθ というわけではないので勘違いしないでください。」という記述があります。
これが成り立たないと円の中心方向の向き(糸の方向)の力のつりあいが成り立たなくなり、物体は円周上を運動しないのではないか、と思ってしまうのですがどうでしょうか。

Re: 質問です - ろっとん 2018/12/15(Sat) 10:39 No.2518
もしかして円錐振り子と混同されてらっしゃるのではないでしょうか。
しかも円錐振り子の場合の合力は mgsinθ ではなく mgtanθ ですね。
単振り子の場合の合力は遠心力が絡むので複雑ですね。
刻々と変わる遠心力が絡むので合力は複雑すぎてよく分かりませんが、
とりあえず糸方向の力のつり合いの式を示すと
  張力 = mgcosθ + 遠心力
となります。
最上点(←左端、右端のこと)の瞬間だけ遠心力が 0 になって 張力 = mgcosθ となります。
最下点を通過するときなどは遠心力はかなり大きくなっています。
当該ページの図において青色矢印のSをわざと長く描いたのはこれらのことを意図したのですが説明が足りませんでした。説明を足しておきます。
このように単振り子の力の掛かり具合は複雑で、さらに近似もしなければならないし、その近似のやり方もいろいろあるだろうし、、、とにかく単振り子は面倒くさいです。


感謝です 投稿者:ふうちゃん 投稿日:2018/12/13(Thu) 23:35 No.2514   

斜方投射2-補 「空気抵抗がある時」の説明について

小生、釣りキチですが、遠投釣法を考えあぐねておりましたが、ハタと納得致しました。
実際の適正仰角は、空気抵抗から35〜40度でしたか!
今までは、仰角45度と初速度と道具のことばかり考えておりました。
感謝です。

いまはまっているのは「慣性力」ですが、分かりやすくてうれしいです。

Re: 感謝です - ろっとん 2018/12/14(Fri) 07:02 No.2515
弊サイトに「釣り」からたどり着くとは!
補足ページを作って良かったです。
私にとっては思わぬ釣果です。
どんな角度で記事を書くべきか、これからも研究してまいります。


ありがとうございました! 投稿者:かぼちゃ 投稿日:2018/12/04(Tue) 17:22 No.2512   

このサイトのおかげで無事に推薦入試で合格することができました!
とてもわかりやすい解説をありがとうございました!

Re: ありがとうございました! - ろっとん 2018/12/04(Tue) 22:12 No.2513
そうですか!おめでとうございます!
お役に立ててうれしいです。
受験地獄から一足先に脱出できたその一足分を有意義にお過ごしください。


質問 投稿者:東雲 投稿日:2018/12/02(Sun) 17:05 No.2510   

いつも参考にさせていただいております。
qG9K2、光の分野フィゾーの実験の問題なのですが、c=2nNLではなくc=4nNLではないでしょうか。
歯車は歯と歯でない部分があるので歯1つの回転時間は1/2Nとなるはずです。
問題の答えも2500mになると思います。

Re: 質問 - ろっとん 2018/12/02(Sun) 23:37 No.2511
もう一度解説を読み直してみてください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

No. 暗証キー

[過去ログ]

- YY-BOARD -